色褪せの原因と対処

ジャケットの色褪せの原因と適切な対処法について

衣類の一種であるジャケットは手軽に雰囲気を変えることが出来るファッションアイテムとして多用されていますが、長く着用し続けると色褪せが生じて見栄えが悪くなってしまうことがあります。
色褪せは生地が傷み、日光に晒されることで色が落ちる状態なので状態を改善させるためには生地の傷みを修復することが大切です。
衣類の修復を行う専門業者に依頼するのが一般的な対処法ですが、技術力がそのまま仕上がりの良し悪しに影響するので評判が良く、信頼できる所を選ぶように心がけます。
ジャケットは生地が厚手の物が多く、造りも頑丈なので粗雑に扱う傾向がありますが、ダメージが蓄積されて生地のほつれや色褪せなどのトラブルに発展してしまいます。
お気に入りの一着を長く愛用するためには日頃から丁寧に扱うことが大切です。
また、洗濯に用いる洗剤の成分によっては生地を傷めてしまう可能性もあることから、汚れを落とす場合はジャケットの扱いに手馴れているクリーニング業者に依頼するのが賢明です。

ジャケットが色褪せてしまうホントウの理由

ジャケットは、室内に保管してあっても、色褪せしてしまうことがあります。
色あせの主な原因は、紫外線です。
太陽光に含まれる紫外線の影響で、繊維の色素が化学変化をおこし、黄色みがかった色へと変色していきます。
紫外線のほとんどは、太陽光に含まれていますが、室内の照明器具に使用されている蛍光灯などの電球からも、微量の紫外線が放出されています。
新品のジャケットを室内のラックに吊るしておくと、一度も袖を通していなくとも、変色してしまうことがあります。
このような色褪せを防ぐためには、カバーをかけることが必要です。
ジャケットを脱いだあとに、すぐにカバーをする習慣をつけるとよいでしょう。
不織布製のカバーは、通気性が高く、しかも紫外線をカットしてくれるので、大切な洋服を守るためには必須のアイテムです。
色は黒やダークブラウンなどの、濃い色を選ぶと、紫外線を効率よくカットしてくれるでしょう。
カバーには、ホコリや糸くずなどの付着を防ぐという役割もあります。

pickup

片岡球子作品の買取

最終更新日:2017/10/3